【相模女子大学】大学生活enjoyしたくない?!サガジョの在学生にインタビューしてみた!(英語文化コミュニケーション学科)

【相模女子大学】学科紹介動画「Futureel Hunter #1-#5」(英語文化コミュニケーション学科)

【先輩の話】#1-#9

 

 

なんでも聞ける!oViceとは…??

oViceは、オンラインのコミュニティスペースです。
だれでも無料で入ることができ、大学のカフェテリアのようなオンライン空間で自由に席を選んで個人やグループで話したりチャットができます。

何ができるの?

学科独自のオンラインコミュニティスペースでは、
・学科オフィシャルのオープンキャンパスプログラムに予約ができます
・個別相談の申し込みができます(要スケジュール相談)

oViceで開催するオープンキャンパスでは主に高校生が英文科所属の先輩やOGとオンラインで雑談や相談が気軽にできる機会を作りたいと思っています。

どんな授業を受けているのか、コロナ禍でどんな変化があったのかなど、学内のことからプライベートのことまで大学生活のリアルな声を聞けるチャンスです。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

このイベントは予約制なので、ご参加希望の方はページ下の予約フォームからお申し込みください。
キャンセルされる場合もそちらからご連絡ください。

また、日程ごとに内容が変わることがあります。日程や内容については、新しい情報を今後更新していきます。

※時間は45分のタイムフレームになります
※教員と面談を希望の場合は、教員とのスケジュールがあえば実施可能です
※このイベントは、8・9・11月も開催予定です

 

〈申し込み方法〉

以下の流れで予約フォームにてご記入ください。
①氏名とメールアドレスを記入する
②希望の日時を記入する
③希望する相談対象者を記入する
④ご質問やご相談内容をメッセージ欄に記入する
<オフィシャルのプログラムに予約したい場合>
・オフィシャルのプログラムは下記のスケジュールをご確認ください
・オフィシャルの日時のご都合が合わない方は、個別相談としてお申込みください

〈当日までの流れ〉

①予約フォームに記入したメールアドレス宛てに運営スタッフから、予約の空きの有無やスケジュール調節のためのご連絡をいたします。
②予約が確定がしましたら、オンライン開場となるoViceのリンクをお送りいたします。
③当日、予約時刻になりましたらPCからoViceのリンクをクリックしご参加ください。
※oViceの使い方等が不安な方は、予約時刻前に手当の時間を取りますので、ご相談ください。

〈日程と内容〉

9/26 (日) 開場10:00~ 閉場15:00

①10:00~10:45

②10:50~11:35

③11:40~12:25

④12:30~13:15

⑤13:20~14:05

⑥14:10~14:55

〖相談対象者〗
・1.3.4年生のアドバイザー

・OGまたは教員(要調整)

※オフィシャルのプログラムへの申し込み締め切りは、9/20 (月) 23:59までです

〈アドバイザー〉

Ogiwara Wakana
オギワラ ワカナ
1年生 推薦・選抜型 入試経験者
大学は高校の先生から紹介されて受験
ヒトと関わるのが好き、おもてなしで喜ぶ顔がみたい!
私の能力を引き出してくれる期待感を持って入学。変化が苦手で躊躇もするけど、持ち前の好奇心を活かして入学早々にオンラインコミュニティに参加し、コミュニケーション力を研いでます。推薦系で大学選びに苦戦している人に、この学科で、行動を起こせば未来が広がるってことを伝えたい!グローバル領域の科目にもどんどん挑戦していきたい。レポートコンテストで学科表彰されて嬉しかった。

Itakura Misaki
イタクラ ミサキ
3年生 一般入試・推薦 入試経験者
大学は最後まで迷いに迷って受験
常に自分をアップデートしたい!
不本意さが残った入学時の私に、その選択で良いんだよ!って言ってあげたい。早く社会や企業と関わりたくて、2年生の終わりから模擬会社で働いたり、ビジネスコンテストに参加し続けてます。グループワークや場づくりの面白さに惹かれファシリテーション力を研磨してます。受験生には、こんなに挑戦機会に溢れてる学科はないんじゃないか、って伝えたい!この夏休みは、長期インターンシップ(株式会社LockUp)、海外語学研修(オンラインでサンフランシスコ州立大学)、産学チャレンジプログラム(株式会社マブチ)、全てに全力疾走します!
Morimoto Haruna
モリモト ハルナ
4年生 共通テスト・一般入試経験者
先輩も行ってた親近感が決め手で受験
英語とビジネスが両方学べるところに惹かれて入学。今は持ち前の粘り強さとサポート力を活かして、学科の後輩たちが学びやすい環境になって欲しいと思い授業のTeacher’s Assistantとして教材制作、運用補助、教育研究のお手伝いに勤しんでます。卒業までに出来ることは全部やりたい!ここでは、学生も一緒に学科の学びを作っている包容力ある環境があるよ、って受験生に伝えたい!組織やプロジェクトの流れを管理したり運用したりする働き方に使命を感じ始めています。

〈〈 予約する

News

Topics