Nakabayashi Seminar

英語文化コミュニケーション学科 教授

中林正身(なかばやしまさみ)

NAKABAYASHI Masami

専門分野:現代イギリス小説、イギリス文学

ゼミ概要

英語で書かれた小説やエッセイなどを読むゼミです。そのための英語力、読解力、論理的思考力などを養うこと、そして調べることをとおして知識を身につけることも目的とします。加えて必要なことは感想を第三者に伝えるためのコミュニケーション力です。自分一人で納得したり面白がっていたりしてはダメです。分からないことをネガティヴなものとして心にため込んでいることもご法度です。他者に話すことで、分かち合うことで新しい発見があると思います。それが生きていくための知恵となることがあると信じています。こんな考えを持っている教員のゼミですので、皆で英文を読み、話し合いをする。あるいはレポートを書く。または関連事項を調べてみるという作業をしてもらいます。読書するという単独の行為をゼミという人間の集まりのなかで明るく展開したいと考えます。「お気に入りの映画の原作を読んでみたい」でも、「印象に残っている翻訳を原文で読んでみたい」でも構わないので、今までにやったことのないような「英語で書かれた物語を読み切ってみる」という覚悟をもって履修してもらいたいと思います。それから、さまざまな疑問を投げかけますので、それについて自分なりの意見を構築するためにリサーチをするというような作業も不可欠になることを理解してください。
そして、ゼミはみんなで創り上げていくものだということを予め肝に銘じておいてください。履修学生の習熟度が満足できるものでなければ、高校や大学の試験問題を使って英語の復習をすることなども視野に入れています。

応募条件

「イギリス文学」や「イギリス特殊研究」を履修して、中林という教員を少なからず知っておいた方がいいと思います。

過去の卒業研究タイトル例

『現代に蘇る吸血鬼』、『魔女の生態』、『ジェイン・オースティンからの贈り物』、『シャーロック・ホームズの原作と映像』、『自然が秘めたエネルギー: 文学から日常まで』、『D. H. ロレンス研究』、『ジョージ・オーウェルのNineteen Eighty-Four』、など

その他

なし