Category: 授業・コース・ゼミ

夏のゼミ合宿

夏のゼミ合宿で、一泊2日のホテル見学ツアーに行ってきました★★

見学したホテルは、帝国ホテル、ザ・ペニンシュラ、東京グランドハイアット東京、

ザ・リッツカールトン東京の以上4箇所、宿泊先は、ザ・ペニンシュラホテルです。

また、今年のサガジョのインターンシップ先の1つでもある、六本木ヒルズクラブの中も、見学させていただきました。

このホテル見学ツアーは、小泉先生のご提案でしたが、宿泊プランの予約、

ホテル側との見学交渉など先生のもと自分たちでも行いました。

ホテルへ見学に行く前に、もちろん事前学習。

各ホテルの企業概要、ホテルの特徴であるサービスやハード面、また、強みや弱みについて文献をもとに皆で考えました。

そして、事前学習の結果を含めて、質問事項を各ホテルごとに作成しました。

その中には、今年起こった東日本大震災時のホテル側としての対応から

普段の顧客獲得のために行っていることなど様々な質問です。

リッツカールトンにて

ホテル見学の当日は、天気も良くホテルの様々な部分を見ることができると思うと

ワクワクした気持ちがあり、どこか修学旅行のような気分もありました。

しかし、見学が始まると、参加者全員が真剣な顔つきで事前学習以上のことを学んでいました。

全てのホテルで、私達が通常泊まることができない、一泊300万円以上もする最高級のスイートルームを

見せて頂いたときは驚きと感激、そして、そこから見える東京の景色も最高でした。

事前学習をしてみると、普段何気なく、宿泊しているホテルも含めて

今後どこかへ宿泊する際にも見方が変わるように思います。

また文献で理解していた以上にホテルごとの特徴がはっきりと見え、サービスの違いや、

強みや弱みまで自分なりに考えることができたと感じています。

その中には、ホテルへの就職を夢に頑張っている人も居ると思います。

授業の中で学ぶことだけではなく実際に宿泊したり、訪れたりして、

自分なりの発見をすることも大事なのではないかと感じました。

また、それが就職活動への強みに変わるのかなとも思います。

今回、貴重な経験ができてとても嬉しく思うとともに見学を受け入れてくださった企業の方々には本当に感謝しています。

説明を受けているところ

事前に考えていた質問事項にも、数多くお答えしていただけました。

今後ぜひ、宿泊するような機会があったらとても嬉しく思います。

ホテル見学終了後は、プールで遊んだり、みんなでご飯を食べたりホテルならではの

非日常空間の中で、優雅な気分に浸ってました❤❤❤

やっぱり、ホテルが大好きです。

EI

海外インターンシップ:現地レポート(3)

こんにちは。

今回の約3週間のアメリカ、グローバルキャリアプログラムが終わりました。

今まで企業実習やアジアタウン見学のビジネス研修を行ってきました。

そして、最後の企業実習の前に「異文化理解コミュニケーション」といったものを行いました。

これは、アメリカの大学に通っている方と日本の大学に通っている私たちとで互いの価値観、夢、キャリア間感を理解しあうために行われました。カードゲームをしながら話し合いをしました。

実際アメリカと日本の大学はとでは環境や評価のされ方などに違いがありました。例えば、アメリカではインターンシップをたくさんしていたら就職活動に有利になるそうです。企業は経験がある人を求めているそうです。

また、違う環境の中でも同じところもありました。それはどんな企業で働きたいか、企業に求めることは何か、ということです。

ひとそれぞれ違いますが、自分の興味関心のあるところで働きたいという人が多かったように思います。

異文化を理解するということは本当に新しい発見がたくさんあります。とても楽しい時間を過ごせました。日本に帰ってからも友達とこうゆう話をしたみたくなりました。

他にはUCLAの見学をしました。ここには日本からくる学生がたくさんいるそうです。とても大きな大学で、なんと図書館は12個もあるそうです。

一流の大学で、日本の大学生ほど遊ぶ時間はないと聞きました。この大学だけでなく、アメリカの大学は卒業するまでが大変みたいです。

日本の大学生ももっと頑張らなきゃ!と思いました。

異文化を知るから、また新しく自分のことや、日本の文化を知ることができたんだと思います。

お互いの持っている情報を共有し合って理解するということが大事だと思いました。

今回アメリカにいきましたが、日本でも学校やバイトの身近なところから新しく学べることはたくさんあると思います。

日本に帰ってからもそういった気持ちで過ごしていこうと思いました。

3回にわたるアメリカからのレポート、読んでくださって有難うございました!

CI

UCLAの図書館。大きい!

西海岸を代表するUCLAキャンパスにて。

佐渡の芸能体験

英語文化コミュニケーション学科4年生の2人が、

新潟県佐渡島で8月13日に行われた「たかち芸能祭」に今年も参加しました。

2人は南片辺地区の皆さんから集落に伝わる芸能「御太鼓」を習ったのですが、

集落の方々も驚く上達ぶり。

意外な才能を発見させていただきました。

芸能祭当日はステージで数百人の観客を前に披露しました。

その日一番の?拍手喝さいをいただいたかもしれません。

期間中は近くの集会所で自炊でしたが、

差し入れのお米と野菜、サザエともずくなどなど

山海の幸いっぱいで食べるには困りません。

受け入れてくださった、南片辺地区、たかち芸能祭実行委員会、北片辺地区の皆様

どうもありがとうございました。

就活シミュレーション

6月4日に杏林大学で行われた就活シミュレーションに参加してきました。

 3つの大学から観光系の学科の3年生が80人近く集まり、

筆記試験やグループディスカッションなど本番さながらの“就活”を1日で体験しました。

特に面接では企業の方が面接官となってくださり、

今までに体験したことのないほどの緊張感を味わいました。

怖い!嫌だ!行きたくない!と当日の朝まで思っていた私ですが、

いざ会場に到着すると絶対に負けたくない!という気持ちにチェンジ。

他大の学生を前にサガジョ魂が出たのだと思います。

休憩時間には他大の学生たちと楽しく話をする機会もありました。

しっかりとした皆さんにとても刺激を受けました。

小泉先生のご指導のおかげもあり、

私たちも身だしなみの面ではきっと他大の学生に刺激を与えたことと思います。

最後の内定者の発表では、私の名前が呼ばれてびっくり!

シミュレーションとはいえ嬉しかったです。

次回は秋に就活シミュレーションが行われます。

面接で自然な笑顔が出るように、普段からみんなでニコニコ練習しましょう(^^)

TM

海外インターンシップ:現地レポート(2)

こんにちは。

アメリカでの研修も、もぅ半分が過ぎてしまいました。

本当にあっという間です。

今回の研修、「グローバルキャリアプログラム」の一環として、マーケティングや、商社などの業界で働いていらっしゃる企業経営者のお話をたくさん聞きました。

どのお話もとても素晴らしかったです。

皆さん自分の道を自分で切り開いてきている、という印象を受けました。

他にはエスニックタウンを見に行ったり、アメリカの過去の歴史と現在の在り様を実際に目で見て知ることができました。

有名な場所も見ることができて楽しかったです。

インターンシップは、少しずつではありますが一つ一つの仕事の繋がりが見えてきて、ただ作業をこなすだけではなくなってきました。

仕事は終わることなくあるので、いかに早く終わらせられるかを考えながら働いています。

一日は本当にあっという間に感じます。

ホストファミリーは本当にやさしい方なので、小さなことだったりしますがいつも助けられています。

ちなみに今日はラー油から手作りしてカリフォルニア風お寿司を作ってくれています。

毎日ディナーにわくわくしています(*^_^*)

残り10日間、いろんなことを吸収して帰りたいと思います。

CI

グラミー賞受賞式の会場でもあるロサンゼルスのスポーツ競技場、Staples Center

グローバル企業の経営戦略を聞きます

忙しい1日の締めくくりはファミリーとのディナーです。