Category: キャリア

就活シミュレーション感想文

私は相模女子大学学芸学部英語文化コミュニケーション学科三年の趙騰妍です。

先日9月30日に昭和女子大学で行われた合同就活シミュレーションに参加しまして、内定を頂くことが出来ました。実は、私にとって就活シミュレーションは第二回目です。最初に今年春学期に相模女子大学英語文化コミュニケーション学科主催で行われた就活シミュレーションに参加して、私は就職活動に向けてのプレエントリーやエントリーシートの記入といった就活に必要なプロセスや選考をはじめて体験しました。慣れていないスーツを着るのも、きっちりした髪型やメイクをするのもはじめてで、面接の日までに自分は何を準備していいかもわからず、心には不安や焦りでいっぱいでした。その結果、面接では面接官に聞かれた質問にうまく答えられず、緊張してしまい、姿勢が崩れ、笑顔もなくなり、そわそわして、今思えば前向きな身体表現が全くできませんでした。終わった後は、うまくできない苛立ちや悔しさばかりが残りました。
シュウシミ2017930

二回目の就活シミュレーションは、一回目に自分ができなかったことや準備不足だった点をゼミに持ち帰って先生とPDCAを行い、その改善点を見据えて今度こそしっかり準備して挑もう!という負けたくない前向きな気持ちが持てました。今回は、業界研究をしっかり行い、その企業が求める人材像を意識しながら志望理由や自己PRの書き方を研究して何回も書き直して、考え直し校正しました。もちろん普段着ないスーツを着こなすためにも歩き方や座り方を練習して、メイクにも力を入れました。面接官からの質問に対応できるよう、強みや軸に自分の考えをしっかりまとめて、面接での質疑のやりとりを何度も脳内シミュレーションしました。
就活シミュ2017930

当日は、他大学の学生を含めた皆が緊張した雰囲気の中にいて、私もすごく緊張しました。しかし、せっかくここまで頑張って準備したのに自分の夢や伝えたいことを面接官に伝えないと損だ!と思い、胸を張って笑顔で面接を受けました。反省やPDCAをすること、そして次に準備をしっかりすること、それが当日の緊張した私に自信をもたらしてくれました。そしてその結果が目にわかる内定という形で出て、社会に認められる喜びを知ることができ、就活本番もモチベーション高く自信を持って臨める気がしています。最後に、このような機会を与えてくれた学科と先生方に心より感謝を申し上げます。本番も自分の夢が実現するように頑張りたいです!

TOEIC IPテストの実施について(12/17)

1~3年生を対象に、TOEIC IPテストを実施いたします。
当日は卒研発表会も行いますので、時間を確認の上、必ず参加して下さい。

【試験日】12月17日(土)
【時 間】 9:30集合 10:00試験開始
【場 所】 2131教室:1年生全員、3年生(1412001~1412040)
2132教室:2年生全員、3年生(1412041~1412904)、任意受験者

※当日は集合時間までに所定の試験教室に入室、着席してください。
※鉛筆(HBまたはB)と消しゴムを忘れずに持参ください。
※携帯電話を時計として使用することはできません。
(電源を切り、カバン等の中にしまって下さい)
※13:00より4年生の卒研発表会を行いますので、試験教室で昼食を済ませて下さい。

【2・3年生にお知らせ】12月2日(金) 海外インターンシッ...

2・3年生の皆さま、

春休みの1週間を利用したシンガポールでの海外インターンシップのご紹介です。

期間:2017年2月12日(日)~18日 7日間
プログラム費:170,000円+現地研修先への渡航費

研修主催者による説明会があります。ご興味のある方は説明会にご出席ください。

説明会日時: 12月2日(金) 12:15-12:55
場 所   : マーガレット本館 2143教室 (昼食持参OKです)

参考ウェブサイト http://www.globalstudyasia.com/globalcareer/singapore/

お問い合わせは宮本まで。

優秀賞受賞:相模原市藤野エリア魅力発見コンテスト

9月26日(土)相模大野のユニコムプラザさがみはらにおいて、
相模原・町田大学地域コンソーシアム主催 協賛 JTBコーポレートセールス
「相模原市藤野エリア魅力発見コンテスト」が開催されました。

当日は、神奈川県の4校8チームの学生が企画を発表しました。

本校からは、小泉ゼミから3チームが出場し、
佐々木チーム「リフレッシュ空間 ~心も体も健康に~)」が優秀賞として藤野観協会賞を頂きました。

今後は、商品化への検討に進む予定です。
集合写真2 集合3 1集合写真

国連の職員になるためには

要件はシンプルで以下です。

・学士以上の学位を取得している。
・今年末時点で32歳以下である。
・英語および/またはフランス語に堪能である。

以下にその情報があります。
http://www.unic.or.jp/working_at_un/ypp/

また、2年間の派遣制度、JPO派遣制度もあります。
http://www.mofa-irc.go.jp/jpo/seido.html

自分が目指す国際機関の情報収集をし、求められる専門性と
それに向けてできるインターンやボランティアから始めてみては
いかがでしょうか。