ゼミナール紹介~③

2年生の皆さんこれから数回に分けてゼミナールの紹介文を掲載します。今回は中林ゼミと中村ゼミです。

1年生はこれを参考に2年からのゼミ選びの参考にしましょう。

中林 正身「ゼミナール ID・ⅡD・ⅢD・ⅣD」

小説を読んで「面白かった」とか「難しかった」と一言で片づけることはできても、「どこが?」や「どうして?」という疑問を投げかけられると、上手に説明できないで途方に暮れることがあるのではないでしょうか。このことを念頭においてこのゼミを始めたいと思います。英語力を習得すること、そして日本語運用能力を増強することをこのゼミの目標とします。3年次においてはとくに「英語力を強化すること」、「読書をすること」、「人前で話すこと」、「他人の話を理解しようとすること」に重点を置きますが、これは原書に取り組んで読むためには適当な英語力が不可欠であるし、突然に本を読むことを習慣づけることは困難であるし、友だち同士の感覚的且つお気軽なお喋りばかりでは筋道の通った説得力のある話を人前で展開することは不可能なのではないかと考えるからです。

3年次の「英語力を強化する」ために高校入試や大学入試に挑戦してもらいます(4年次では原書を読むことが前提なので、そのための準備だと思ってもらいたい)。そして(日本語或いは英語で書かれた)読んだ本に関する発表をしてもらいます。本を対象としなくても、ゼミ内での話のなかで興味をもった事柄のなかから自ら選択して掘り下げて発表をする、という態度も大いに歓迎します。

4年次には皆にいろいろと自主的に選択してもらい、積極性や思考力などを大いに発揮してもらいます。ゼミ単位の校外でのアクティヴィティも視野に入れて活動して、大学生活の良い想い出のひとつとなるようなゼミを目指します。

ゼミ説明の為のオフィスアワー:10月3日~10月31日まで 火曜日および金曜日 12:10~1250

(事前連絡をお願いします)

ゼミナール見学:相談に応じます

メールアドレス:m-nakabayashi@star.sagami-wu.ac.jp

 

中村 真理「ゼミナールIE・ⅡE・ⅢE・ⅣE」

ヒスパニック系、アフリカ系、ユダヤ系アメリカ人の文化・文学を、社会的動向を追いながら解読し、併せてそれらを生み出した社会的土壌についても考察します。彼らの文化・文学の持つ歴史的・社会史的意味合いを明らかにし、社会的環境が変わっても生き残る普遍的メッセージは何なのかまで踏み込んで考えたいと思います。

具体的には今、最も注目されているヒスパニック系作家の一人、イザベル・アジェンデ、アフリカ系作家ではジェームズ・ボールドウィン、ラングストン・ヒューズ、アリス・ウォーカー、トニ・モリスン、ユダヤ系作家ではバーナード・マラマッド等の作品を対象とします。これらの作家作品や時代背景についての理解を深めるために、副教材として映像も使用し、3年次秋学期後半には卒業研究の方向付けと資料収集をします。4年次には授業をペースメーカーとして、論文または翻訳を完成させます。

ゼミ説明の為のオフィスアワー: 10月1日~12月19日まで 火//金曜日 12001250

(事前連絡をお願いします)

ゼミナール見学:可(相談に応じます。) 火曜日4限 @10309教室

メールアドレス:n-mari@star.sagami-wu.ac.jp

 

 

ゼミナールの概要や選択届を失くした場合10310教室の茶封筒に入れておくので必ず期日までに

第4希望まで志望理由も含めて提出しましょう。

選択希望願いはブログからもダウンロードできます。いづれかの方法で提出しましょう。

ゼミ選択願

提出方法:10号館1F レポートBOX

選択願提出期間:12月20日(土)~1月15日(木)17:00