就職前最後の就職シミュレーション体験談1(小泉ゼミ)

小泉ゼミ3年のIKです。

私は11月22日に行われた杏林大学主催の就活シミュレーションに行ってきました。

就活シミュレーションとは、本来なら数ヶ月かけて行う選考を、すべて1日で体験するというものです。

具体的には、プレエントリーとエントリーシートの提出を事前に行い、当日は筆記試験、グループディスカッション、最終面接を行います。それぞれの選考で通過者の合否発表も行われ、全て通過すると内定を頂けます。

 

そこで、今回なんと、内々定を頂きました!!

 

その就活シミュレーションは今回2回目の参加で、まさか自分が内々定を頂けるとは思っていなかったので、嬉しさよりも驚きの気持ちでいっぱいです。

 

ただ前回の初めての就活シミュレーションと比べると、少し成長したような気がします。

(ほんとちょっとだけですけど。笑)

 

なぜ、成長したのか?成長することができたのか?

自分なりに分析した結果、それはこの半年間の様々な経験によるものだと思います。

 

ゼミでは神奈川産学チャレンジプログラムというプロジェクトに参加したこと、

企業訪問をしたこと、他大学のゼミ生と交流したこと、グループディスカッションの練習をしたことなどなどです。

 

また夏休みには今年オープンしたばかりの外資系ホテルに、1ヶ月間インターンシップに行かせていただいたことも、私にとって大きな良い経験だったと感じます。

 

やはり自分で経験したことは、面接などで自信を持って活き活きと話すことが出来ますし、いろいろな経験を積むことによって、

あの時あれだけ緊張したけれどあの時頑張れたから大丈夫という自分への励ましにもなりました。

これから本当に就活がスタートしますが、最後笑って本物の内定を頂けるように、努力して準備しようと思います。

3年生のみんな一緒に頑張りましょう(^^)

 

PS.先生や先輩方がおっしゃるSPI対策、本気で頑張ろ。。。

image001

面接担当者からの全体評価を聴く学生

image003

内々定通知を頂く

image005

終了して緊張から解放されたメンバー

image007

内々定を頂いたサガジョの2名