☆3年生必見☆就活アドバイス パート1 学内合同説明会の活用方法

2月に入り、大学構内で企業合同説明会を開催しています。

昨日、私が企業の方々に話を聞いたところ、マイナビなどが主催している合同説明会と大学構内で開催される合同説明会の内定率を比較すると8割が学校内で開催されている合同説明会に来た人から採用しているということです。

 

理由は簡単

・各学校にターゲットを絞っているのは、その学校の学生に来てほしいから

・詳しい話をすることができるため、学生のことが良く分かる

・学内は規模が小さいために顔を覚えることができる

つまり、逆を返せば、皆さんも企業のことを良く知ることができるということです。

 

また、サガジョに来ている企業の場合は、先輩が企業にいる場合が多く

働きやすい環境であることも確かではないでしょうか。

 

特に、マイナビ・リクナビなどが主催する合同説明会は規模が大きいために、消極的な人は、気おくれをしてしまい、企業ブースにも行けず、

ただ行って「すごいな~」

「これから就活をやっていけるかな~」と自信をなくして帰ってきてしまう場合もあります。

 

まずは、身近なところからトライしてみましょう

 

 合同説明会活用ポイント

合同説明会に行ったら、少なくとも5社は訪問すること

興味があるなしにかかわらず、知らない企業でも話を聞いてみること

 

サガジョの学生さんの特徴は、折角来たのに、1社で帰ってしまう学生が半分

何ともったいないことをしているのでしょうか?

もっと、時間を有効に活用しましょう

 

何が縁で興味を持つかわからない

たとえば、彼氏を選ぶときに、まずは外見からという人が多いと思いますが、

自分の今の彼はどうですか?

ふとした出会いから付き合いが始まった人はいませんか?

就職も同じことです

まずは、食べず嫌いをしないで話を聞いてみること

言葉は悪いですが、下手な鉄砲も数打ちゃあ当たるではないですが、

まず、とりあえずとっかかりを掴むこと。

 

もしかしたら素晴らし出会いが待っているかもしれません

初めから、ターゲットを絞って行かないこと。

自らチャンスを潰しているのはあなた自身です。

 

固定概念を捨てましょう!!

 

バイキング方式で色々お皿に盛って食べてみて下さいね

 

KYON