基礎教育講座「先輩の話を聞く」Q&A その1

※今年の基礎教育講座でも1年生に向けて2年時以上の在学生が充実した学生生活を過ごすためのアドバイスをしてくれました。その時に出た後輩からの質問に、先輩方がブログ上で回答します。

 

 

皆さんこんにちは!

 

先日の基礎教育講座でさがみ発想コンテストに参加したことをお話しさせていただきました。

 

ご存知の方もいると思いますが、

さがみ発想コンテストとは相模大野の企業と相模女子大学が共同主催し、

新しい企業の活用方法を学生が考えるコンテストです。

私が参加した第2回目は伊勢丹で「子どもにも魅力ある百貨店作り」を考えるというものでした。

考えたテーマはWater fountain café “Isetan”

その名の通りですが、

大人だけではなく子どもも楽しむことが出来る憩いの場として、

屋上にカフェ、足湯、噴水があればいいなと考えました。

50作品程応募があった書類審査を通過し、

伊勢丹の会議室のような場所でプレゼンテーション(最終審査)を行い、

準グランプリをいただくことが出来ました。

グランプリを取ることが出来ず、

悔しい思いをしましたが、ほかの方の発表を聞いてこのような考え方、

発表の仕方もあるのだと考えさせられ、たくさんのことを学びました。

 

◎質問、コメント

いくつか質問やコメントをいただいたので、お答えしたいと思います。

 Q. パワーポイントを作るコツを教えてください

A. 私は作るのがそこまで上手くないのですが、パッと見て相手が内容を理解出来るように作っています。文字に色を付けたり、図や画像を入れると分かりやすくなると思います。パワーポイントを作ったら先生や友人に見てもらい、アドバイスを貰うことが一番です。

 

Q. 発想力を身につけるにはどうすればいいですか?

A. 普段と違う見方で考えることだと思います。どうしても型にはまった考えをしてしまうと思いますが、視点を変えて、もっと良い方法はないか、もっと面白い方法はないか、と考えることです。私も常に何か面白いことはないかと探しています。

 

Q. 軽音楽部に入りたくなりました

A. 毎週水曜日のお昼休みにクラブハウスふじのダンスホール(テニスコート奥)で部会を行っているので、少しでも興味を持った方は是非お越し下さい!

多くの大学と交流しているので友達がたくさん出来ますし、学祭でライブも出来ますよ。

 

◎感想

たくさんの1年生がいる場で話すということで緊張しましたが、皆さん一生懸命聞いてくれてとても嬉しかったです。

なにかアイディアを考えることが好きな方の応募はもちろん!

考えるのってなんだか苦手だなー…って思っている方は豪華な景品目的でもいいので、さがみ発想コンテストに是非応募してみてください!

きっと良い経験になること間違いなしです。

 

A.T