基礎教育講座(図書館の文献検索について)

 先日の基礎教育講座では、OPACの使い方について学びました。
相模女子大学の図書館には約40万もの蔵書があり
自分の必要とする本などを自力で探そうとすると時間がかかります。
でもOPACの使い方を知っていれば、自分の探している本がどこにあるのかがすぐに分かるので
とても便利だと思います。

私が特に便利だと思ったのは、簡易検索です。
タイトルや著者名はもちろん、出版社や出版年・キーワードも一緒に検索できるので
自分の探している本や雑誌などがきちんと見つかります。

今回は実際にこの簡易検索を利用して本を探してみました。
たくさんの本や雑誌がある中で、一冊を探すのはとても大変だと思っていましたが
OPACを利用したことによってスムーズに探せました。

image002

またOPACは図書館からだけではなく、自宅のパソコンからも利用することができるので
自宅で調べてから図書館に行く、ということもできます。
次回から図書館を利用する時にはOPACを利用したいと思います。

image003

Y.I