インターンシップ in L.A. 研修報告(3)

企業実習: アパレル系セレクトショップ

9月4日~14日の間アパレル業のセレクトショップ”eighten”(エイトテン)というお店で研修を経験しました。お店が改装中ということで、店舗裏で日本に輸出するCOACHの財布やバッグ、キーホルダーの品番と数をチェックする検品という作業をほぼ毎日やっていました。検品した後は袋詰めをして、段ボール箱に入れて運送会社の方に渡すという流れでした。炎天下同じ作業の繰り返しで疲れましたが、これが日本で売られるのかと思うと少しわくわくした気持ちになりました。単純とはいえ売り物なので、丁寧にミスのないように心がけて取り組みました。

また、お店やオンラインショップで売るための洋服を買いに行く買い付けという作業にも携わらせていただきました。今回は “Abecrombie&Fitch”というブランドに行かせていただきました。このブランドはアメリカオハイオ州に本社を構え、日本では「アバクロ」という通称でおなじみです。ロゴマークはヘラジカ。俳優や歌手などが愛用していることでも有名なブランドです。日本では東京と福岡県に直営店を構えている。洋服を買うときにも決まりがあり、一人につき20着までで同じ色は2着までなど細かい決まりがあり、大人数で行かないとたくさん買えないので3度ほど行かせていただきました。

企業実習後半は店頭にも立たせていただきました。10時の開店前にお店の掃除をしたり、お客様が来たら声をかけたりしました。英語で接客する難しさを実感しました。女性のお客様が来店された時に、靴の試着をしたいと言われたのですが、なんと返答したらいいのかわからず、他のインターン生とおろおろしてしまい、結局裏に行って社員さんを呼んできました。企業先の方々には忙しい中いろいろ声をかけていただき、ご飯にも連れて行ってくださりと、とてもよくしていただき、毎日出勤するのが楽しみでした。本当にお世話になりました。経験したことのないことをたくさん経験できて自分にとって刺激になりました。アメリカで働きたいと改めて思った9日間でした。  R.W.

買付けに訪れたモール"Nordstorm"

「アバクロ」の店舗