基礎教育講座「先輩の話を聞く」~大学生活について2~

前回の続きです。

*質問2*
次に、他学部・他大学ではどんな授業をとったのかという質問にお答えします。

私はまとまって時間が空くことがなかったので、時間に合わせて出向かなければならない
他大学の授業は受けるのを断念しています。
他学科・他学部はたくさんあるので、学科と理由を箇条書きにしていきますね。

人間心理学科
→自閉症児やダウン症児の先生をやっていたりするので、
発達心理や臨床心理など子どもたちのことをより理解するために。

短大・生活デザイン学科
→元々芸術が好きなので、染織やパターン、色彩論の授業などたくさん受けています。

社会マネジメント学科
→たしか4つほど受けたのですが、
独創的で面白い授業が多い学科だという印象を持っています。

メディア情報学科
→放送や編集、機材担当の経験も少しあり、好きなことなので、
より深めたいと思い受けています。

こども教育学科
→障害児だけでなく、健常児とも関わっていきたいので、受けたい授業が多い学科です。
しかしこの学科は特殊で、通常、他学科の学生は履修できない授業が多かったと思います。
私は、偶然ノートテイク(耳が聞こえない学生さんの代わりに、ノートをとるボランティア)
をしていて、その方がこども教育の方だったので、
興味のある授業のノートテイクをしながら、履修はせずに授業を聞いていました。
まったく異なる様々な種類のことを学ぶと、視野が広がります。
一度視野が広がると、色んな情報が身近なこととして頭に入ってくるようになります。
そうやってどんどん自分の世界が広がっていく。
それは、何も知らなかった自分からみるととても素敵な世界です。

入ってみないとわからないときもあるから、ぜひ飛び込んでみてくださいね。

4年AF