脳波研究の続き!

Hello Ladies 🙂
Monicaです。

前回に続いて、投稿させていただきます。
 

さて、今回のテーマも脳波研究。
 
数々の影響とチャンスを与えてくれる経験になることも知らずに(笑)、
かなり不安を抱えたことを、前回のブログではお伝えしました。
 
この続きは素敵なお話です。

 
だんだん研究のことが分かるようになり、、
実験内容を把握したり、実験の結果を見ていくうちに、
 
自分の中にあった【言語力】というものに対しての
イメージというか、考えというか、そういったものが大分変わりました。
 
だって
英語を聞こうとする脳波が、人によって全然違うんですよ。
びっくりしました。。
 
しかも脳波は経験による結果が見える、
 
知っているか 知らないか
 
1か0の結果だということ。
 
 
うまく説明できませんが、
今回関わった脳波の研究・・
 将来に繋がる、ものすごい可能性を持つものだと思いました。
 
当初は不安いっぱいで、役割をこなすことばかり考えていましたが、
 
そんな研究に関われたのも
それをおもしろいと感じたのも
 
偶然ではないはず!と考え(笑)得意のポジティブです。
 
今後、この機会をどんな形であれ、絶対に活かそうと思っています。
 
 
そして、
同時に素晴らしき出会いも多々ありました。
 
えらそうに書いてしまいますが、
少しだけ、お付き合いください。
 

実験には、毎回ちがう被験者の方々にお越しいただいていたので、研究期間中は、
初対面の方々と接する機会がたくさんありました。

第一話で書かせていただきましたが、
とにかく「出会い」を大事にしたいと思っていた私にとって、
その機会というのは私が求めるものへの大きな近道となりました。
期待の通り、ひとつひとつの出会いは私に影響を与え、毎回学ぶことばかりでした。
たとえば、学生の被験者さん。
これから社会に出ようとしている大学生が、
将来についてどのようなイメージを抱き、そのために何をしているのか。
これから社会に出ていくという同じ立場にいる私ですが、
年齢も専門分野も違う方々の意見を、より近くで聞ける機会だったので、考えさせられることが多々ありました。

自分の将来についても、よく上條先生に相談にのってもらうんですけど、
先が決まっていなくても、可能なところまで自分なりにイメージすることが大事だとアドバイスいただきました。
 
いまから、将来を想像し、仮のシナリオを組み立て、
現実に起きた事や、何かしたいと思った都度どんどんシナリオに書き加えていくと、
人生のストーリーが出来上がり・・
 
そこには自分の 経験、関心、そして武器 をいつでも見つけられるということです。
自分らしく生き続けるために、自分を把握することがいかに大事かを知りました。
また、言語力を検証するという実験だったので、
バイリンガルの被験者さんにもたくさんお越しいただき、お話を聞くことができました。
 
そこでは、日本と海外の文化の違いや、
「バイリンガルである日本人」が考える、日本人らしさなどについて話しました。
 
「自己主張が出来る日本人が少ないと世間でよく耳にしますよね。」そんなテーマで始まった話ですが、それは幼少期の教育文化が大きく左右させるのではないかと。
 
私と話をしてくれたバイリンガルの被験者さんは、幼少期に、
意見を持つこと を重視するような授業をよく受けたことがあったと教えてくれました。
 
 
仮に海外の人が日本人を対象とする面接官になったとして、
【多くの日本人が同じような発言をする】というイメージを彼らに与えるのではないかとか
 
逆に
日本人が、海外の友達とランチをどこでしようかという話になった際に、
全員が、「ここに行きたい」「これが食べたい」という意見を持っているなら
 
お互いの文化に対して、受ける衝撃がありますよねとか…。
 
どこの文化が良いとか悪いとか、そういうことではなく、
たくさんの文化に触れれば触れるほど、
価値観を左右させたり、いいものを取り入れることができたり
素敵なことだなと思いました。
 
・・・相当長々と書いてしまいましたが(笑)
 
 
こういった様々な出来事を通し、
 
今現在、
とてつもなく大きなことに挑戦させていただいております。
 
研究中にある人と出会ったのがきっかけなのですが
それについては出来ればまた投稿させてもらうので、
 
よかったら見てください:)