私のエアライン就活体験記 パート2

今日は、2次試験についてお話しをします。

2次試験では、より近くで肌や顔、体型をチェックします。
目立った傷、ほくろがないか細かく見られました。
(私も気になる傷、ほくろなどはコンシ―ラ―できれいに隠していきました。)

そして、面接官の方はご自分の携帯電話やデジカメを取り出し、一斉に写真撮影を始めます。

写真を撮られている間、私たちは緊張しながらも満面の笑顔を作り
きれいな姿勢をキープして立っていなければいけません。

この写真はこの後、2次試験の合否を決めるためと中国に持ち帰り採用を検討する際に
使われたのではないかと思います。

15~20分後、合否がその場で受験生に伝えられます。

合格した受験生はその場に残り、次の試験に進みます。
残念ながら通過出来なかった方は、その場で解散です。

2次試験通過者は、お昼休憩をはさみ健康診断に進みました。
中国から航空会社専属の先生が3名いらっしゃいました。(もちろん中国語しか通じません。)

内科、耳鼻科、眼科、身長体重に加え、身体に目立った傷やタトゥーがないか細かく見られます。

この日の試験はこれで終わりです。

健康診断の合否は後日中国から連絡があります。
健康診断を通過したら、改めて今度は指定された医療機関で詳しい健康診断を受けます。

その結果を中国へ送り、そこから正式な内定を頂くまでは1カ月以上かかったと思います。

試験が11月にあり、内定が出たのか翌年の1月でしたので、合計約2カ月で内定が出ました。

健康診断までいけば、ほぼ内定だとは言われていましたが、やはり、内定がでるまでは心配でした。

内定が出て、本当に夢の第一歩に進んだと実感しました

C.O