サガジョの授業紹介

こんにちは!私はサガジョで教職(教員免許取得のための講義)を受講しているのですが、
今日はその講義の事をお話したいと思います。
 教職の講義のなかでも、最も実践的だと思うのが英語科教育法という講義です。
この講義では、模擬授業といって実際の先生のように自分で授業内容を考え、授業を行います。

英語科教育法の模擬授業の様子

 授業内容と一言で言っても考える事はたくさんあります。
単語の教え方や、教科書内容をどう教えるかの工夫、タスクの作成などなど・・・。
タスクというのは、教科書で学んだ文法事項などを実際自分で使ってみる事によって、
文法事項の定着を促進させるものです。例えば、中学校1年生の時にI like~と習ったとします。
教科書でその文を習った後に隣の席の子と自分の好きな事について英語で話し合う事もタスク活動です。
 難しく考えてしまうかもしれませんが、実際にやってみるととても楽しいです。
講義での生徒役は同級生なのですが、友達が私の授業を聞いて「楽しかった」と
言ってくれるととても嬉しく思います。
私は英語を学ぶには楽しい事が一番!と思っています。
英語の楽しさを子供たちに教えていきたいと思う方はぜひ教職課程を履修してみてください♪  

MS