インターンシップその1

皆さんこんにちは。
英文科3年ニコルです☆
今日は私のインターンシップ体験談をお話ししたいと思います。

英語文化コミュニケーション学科観光キャリアコースには3年次から卒業研修という授業があり、
現場でのインターンシップを通して観光関連産業についての理解を深め、
社会人としてのマナーやスキル、プレゼンテーションを身につけることが出来ます。
研修先はそのときによって変わりますが、私の友人はホテルやウェディング、
空港のラウンジなどで研修を行っていました。

私は、都内の会員制クラブでインターンシップの研修を行ってきました!
(※会員制クラブとは限られた会員だけが利用できる特別な空間で、
最高級の食事や文化・芸術的な活動を楽しむことの出来るVIPのための場所です。)
私の研修期間は夏休みの1ヵ月間で、シフトは社員の方と同様の1日7時間30分、週5日制でした。
私はクラブ内のオールデイダイニングレストランのサービスに配属されました。
主な仕事内容はコーヒーなどのドリンクを作ったり、グラスを磨いたりするいわゆるカフェ業務でした。
最初は目に見るもの全てが新しくて興奮と緊張が入り混じっていましたが、
だんだん慣れてくるとカフェ業務をしながら、従業員や顧客観察を行えるようになりました。

つづく。