山梨の自然楽校

夏休みに山梨の自然楽校という所に、一週間ボランティアとして行ってきました。
楽校では、東日本大地震で被災した子供達やその家族を無料で受け入れ
休養・大震災で傷ついた子供達の心を自然体験プログラムを通してケアしていき
“生きる力”を育んでいくことを目標にしています。

楽校では3つの大きなルールがありました。
①自己責任、②自他自由、③自修自得、この3つです。
自分のやったことに責任を持ち人のせいにしない、人に迷惑をかけない
自分のチカラで生きていく力を身につける、ということです。
子供達はこのルールの元で、規則正しい生活を過ごしていきます。
ちなみに子供達は、下は3歳、上は中学生まで60人ほどいました。
とてもかわいかったです(*^^*)

河口湖でのカヌー。上達が早い!

子供達は毎日、掃除・勉強・ご飯作りをします。それにプラスで様々な体験をします。
私が過ごした間では、カヌー・ビデオ製作・囲碁教室・裁縫教室・ドッグセラピー・ペイントアートなどを一緒にしました。

全身を使って描いたアートペイント

 一週間を過ごした中で、子供達の“初めての体験”に関われたこと
出来なかったことが出来るようになった瞬間に立ち会えたことがとても嬉しかったです。

小学生の女の子が書いてくれた私

楽校では、これからも、復興を夢見て立ち上がる人、夢を叶えるために頑張る人を応援していくそうです。
ここで学んだこと、感じたことをパワーに変えて、私も夢に向かって立ち上がっていきたいと思います!

3年K.S