韓国での学会発表(上)

先日、学会で韓国に行きました。
普段海外で研究発表をするときには英語でするのですが
今回はせっかくなので韓国語で発表してみました。
ちょっと遅れてますが、やっと私の所にも韓流ブームが来た訳です。
準備はなかなか大変でした。。。
まずは、発表でしゃべることすべての台詞を日本語で作り
その台本を韓国人の友達に韓国語訳してもらいました。
ここまででもけっこう大変だったのですが、問題は韓国語がちゃんとが読めないこと。
あの国の文字は覚えにくい!
そこで友達にICレコーダーに台詞を吹き込んでもらい
何度も聞きながらカタカナで書いていきました。
「ヨロブン アンニョンハシムニカ・・・(皆さんこんにちは・・・)」といった感じです。
カタカナで書き出したら、次は読む練習です。
友達の音声を聞きながら30回くらい読むと何となく読めるようになってきました。
でも、そこからさらに30回。なるべくカタカナの音に引きづられないように気をつけて
韓国語の雰囲気を出すようにがんばりました。
実は練習中に自分が何を言ってるのかわからなくなる箇所も多々あって
不安な感じもしたのですが、台本に仕込んでおいた渾身のギャグのところはかなり力を入れて練習しました。
結局本番直前までに100回くらいは練習したのではないでしょうか。

Jr.